東京ディズニーランド・シー

マレフィセントと写真を撮る裏技や場所・時間をマニアが徹底解説!

こんにちは。ディズニー大好きな財輝です。

私は今まで100回以上行ったくらい東京ディズニーリゾートのことが好きでこれからも行き続ける予定です!

View this post on Instagram

. 🖤 . . .

A post shared by Maya (@_maaaaaya_) on

ディズニーヴィランズの中でも最強といわれる彼女は、
映画はもちろん数々のショーやパレードでもかかせない人物です。

マレフィセントの名前の由来は、ラテン語で「悪魔の仕業、悪行」という意味で、マレフィセントは、実は森の木々を操る「木の妖精」なんですよ。

ドリーム
ドリーム
マレフィセントは最強!
ウィッシュ
ウィッシュ
間違いない(笑)

今回はせっかく大金を払って行くんだから夢の国で最高の時間を過ごせるようにマレフィセントと写真をどうしても撮りたい!お話してみたい!と思ったあなたのためにいつどこでどうやったら撮れるのかをディズニーマニアの私がご紹介します♪

グリーティングはどこで出来るの?

まずはマレフィセントと写真を撮ったり、お話をするための詳しい方法からお伝えします♪

①『いつ』『どこで』触れ合えるか

ディズニーランドのエントランス・ワールドバザール、ファンタジーランド

公式サイト引用

マレフィセントに会えるのはやっぱりワールドバザール、ファンタジーランドです♪
マレフィセントはもちろんオーロラ姫、フィリップ王子など映画眠れる森の美女に出てくるキャラクターに会うことが出来ます!

しかしマレフィセントなど眠れる森の美女に出てくるキャラクターは”フリーグリーティング”のため、残念ながら時間や日程が不明となっています。

でも会いたい!そう思ったあなたのためにマニアの私が裏ワザを紹介します♪

キャラクターグリーティングが始まる前には、胸元にミッキーの手のようなマークを付けたキャストさんがウロウロしだします。このキャストさんはフリーグリーティングが始まった時に写真を撮るお手伝いをしてくれたり、通行の人の邪魔にならないようにキャラクターを誘導してくれるための方です!


なのでこれがグリーティングが始まる合図!そこで、キャストさん一言勇気を出して

『今日マレフィセントは遊びに来ますか?』

聞いてみましょう!!すると

『○時から○時くらいにファンタジーランドのどこかに遊びに来る予定がありますよ』と教えてもらえます!

ただこれはあくまでも目安であって混雑状況や天候で中止になる場合もあります。(特に雨の日は確率がかなり低いですまた教えてくれるキャストさんもいれば、わからないという方も過去にはいらっしゃいました。

なのでマレフィセントに会えるかはハッキリ言ってです!
ディズニーに行った時は会えることを願い、サクッと聞きましょう♪

②優先的に写真を撮ってもらう裏技

マレフィセントや、オーロラ姫コスチューム等、
思わず目に止まるようなコスチュームがおすすめです。

「ビビディ・バビディ・ブティック」

女の子なら、1度はディズニープリンセスのようになりたいと憧れるちゃいますよね?

そんな女の子の夢を叶えてくれるのが、ディズニーランドホテルと東京ディズニーランドにある「ビビディ・バビディ・ブティック」です。

フェアリーゴッドマザーからトレーニングを受けたキャストたちが、皆さんをディズニープリンセスに変身させてくれます!

ホテルに宿泊していない場合や、パークに入園しない場合でも利用することができます。(対象年齢は3歳から小学校6年生まで)

こちらのビビディ・バビディ・ブティックで変身できちゃうプリンセスは、
・シンデレラ
・ラプンツェル
・オーロラ
・ベル
・アナ
・エルサ
こちらの6人です!

キャラクターもビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスになったお子様には思わず目を奪われちゃうはずです♪

そんなマレフィセントに会えた幸運なあなた♪たーだとにかく日本はキャラクターに会えたとしても写真を撮ってもらえるまでも大変!オーロラ姫に指名されないと撮れません。

そんな時におすすめな方法が2つ
①マレフィセントコスチュームなど思わず目に止まるようなコスチュームを着ましょう!キャラクターも「あら?同じ服一緒ね♪」や「そのお洋服素敵☆」的な感じで気づいてくれて指名してくれます♪

②写真を撮っているゲストさんのカメラマンをしましょう♪
そうするとほぼ100%の確率で「それなら交代で撮りましょう♪」とマレフィセントが促してくれます!私は他のゲストさんのカメラマンをして撮れなかったという経験はありません!これは一番の近道なのでぜひ気持ちよく「撮りましょうか?」と声を掛けてみてください。

③サインをもらおう

マレフィセントにサインをお願いしてみましょう!
その際、書くものや筆記用具は自分で用意します。並んでいるときからサイン帳を準備しておくと、一緒に写真を撮ってくれる確率が少しだけアップする気がします(笑)
書いてもらうときに、ペンのキャップを外しておくと喜ばれますよ!

パークにはかわいいサイン帳も販売していますよ。

ちなみに、マレフィセントは英語で会話します。
サイン帳を見せて「OK?」でも大丈夫ですが、
【May I have your autograph?】(メイ・アイ・ハブ・ユア・オートグラフ?)
「訳→サインをしてもらえますか?」
こんな感じで英語にも挑戦してみてくださいね。

キャラクターグリーティングでは、沢山のゲストにキャラクターが囲まれていることが多いのでキャラクターの名前を呼んだり、キャラクターのテーマとなっているアトラクションや映画の話をするのがオススメです。

なるべくキャラクターの視線に入るように正面から話しかけたり、キャラクターグッズを身に付けたたりするのがポイントです。後ろからいきなり話しかけられると驚かれたり、気付かれなかったりするので(笑)

ドリーム
ドリーム
なんとしてもマレフィセントに気づいてもらうぞー!
ウィッシュ
ウィッシュ
名前を何回もよぶぞーっ!

ショーやパレードで会おう♪

ディズニーシー水上ショー(季節によってショーの内容は変わります)

東京ディズニーシーでは、パーク中央のメディテレーニアハーバーにて水上ショーを行っています。

①ファンタズミック

開催時刻:20:05 ※抽選:なし
(毎日開催ですが悪天候の日は開催可能性もあります)
上映時間:約20分
開催場所:パーク中央のメディテレーニアンハーバー

①待つのにおすすめの場所・時間

「キッズエリア」

キッズエリアは、リドアイル、ザンビーニレストラン前辺りに設置される事が多いです。
必ずしも設置される訳ではないはないので、キャストさんにその都度確認するのがベストです。

「車イスエリア」

②ワンマンズドリームⅡ~ザ・マジック・リブズ・オン~

ディズニーランドの人気ショー「ワンマンズ・ドリームⅡ~ザ・マジック・リブズ・オン」に映画「眠れる森の美女」の仲間が大集合です!

ワンマンズ・ドリームⅡ~ザ・マジック・リブズ・オン

開催時刻:12:10 / 13:40 / 16:00 / 17:30 / 19:00(日にちにより別時間になる可能性あり)
抽選:あり※抽選:あり

上映時間:約30分
開催場所:トゥモローランド

①公演1回目の鑑賞席は、自由席です。抽選は行ないません。

②公演2回目以降の鑑賞席には、指定席と自由席があります。指定席での鑑賞には抽選が必要です。

自由席での鑑賞を希望される場合は、一緒にご覧になる方全員そろって、直接「ショーベース」へ。
なお定員に達した場合、案内を終了します。

※運営状況によっては抽選を行なわない場合があります。
抽選を行なわない場合は、一緒にご覧になる方全員そろって、直接「ショーベース」へお越しください。定員に達した場合、案内が終了になります。

ドリーム
ドリーム
どちらのショーも大迫力!
ウィッシュ
ウィッシュ
目を奪われちゃうー!

マレフィセントの豆知識♪

せっかくマレフィセントに会いに行くので豆知識も紹介。

まずは意外と知らないマレフィセントのプロフィールからです♪

皆さんはマレフィセントの事を思い出したとき、
やはり1番はあの角を思い浮かべるのではないでしょうか?
マレフィセントの角は、ヤギの角なんです!

えっ?ヤギの角?と思われた方も多いかもしれませんが、
キリスト教ではヤギの角は悪魔のシンボルなんです。
また、マレフィセントがドラゴンに変身するのもドラゴン=悪の化身という意味合いから、キリスト教的に1番善と悪の構図が表現しやすいドラゴンに変身する設定にしたようです。

ドリーム
ドリーム
えぇー!そういう事だったのー!
ウィッシュ
ウィッシュ
知らなかったよー!

印象的なビジュアル

マレフィセント奇抜で特徴的な衣装はアニメ「眠れる森の美女」でマレフィセントを演じた声優のエレノア・オードリーが着ていた衣装がモデルになっているそうです。
また、特に印象的なマントの襟の部分はコウモリがモデルとなっています。

ちなみに、声優のエレノアオードリーは、ディズニーランドのホーンデットマンションの水晶の中にいるマダム・レオタやシンデレラのトレメイン夫人の声優でもあります。

マレフィセントは、ハロウィーンの時期にファンタジーランドでグリーティング出来ることが多いです。

ドリーム
ドリーム
衣装も迫力あるよねー!
ウィッシュ
ウィッシュ
すごく格好いい!

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

マレフィセントはディズニーヴィランズの中でもかなりインパクトのあるキャラクターで、
ヴィランズの中で唯一実写映画化されているキャラクターでもあります。

パークでも、ショーなどを盛り上げるキャラクターとして欠かせない人物でもあります。

普段なかなかフリーグリーティング等で会えないキャラクターではありますが、だからこそ出会えた時は、裏技を駆使して写真を撮ってもらったり、サインをしてもらったり、是非ともマレフィセントとの触れ合いを楽しんでくださいね♪