ディズニー・PIXAR・実写映画

マレフィセント1ネタバレ!角にはいろんな秘密が隠されていた!?

ディズニー映画マニアの財輝です。

ディズニーには、数々の魅力的な作品があります。年齢や性別を問わず沢山の人々に愛されるディズニー作品。
私にも沢山の思い入れのある作品があります。それで今回、私が紹介する一押しの作品は「マレフィセント」です。

皆さんは、映画「眠れる森の美女」をご存知ですか?主人公のオーロラ姫は16歳の誕生日の日没までに糸車に指を指して死ぬという呪いをかけられました。この一節はとても有名で、聞いたことがある方も多いと思います。今回ご紹介する「マレフィセント」は、「眠れる森の美女」のリメイク作品で、オーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントの視点で物語が進みます。

ドリーム
ドリーム
どんな作品なんだろう?
ウィッシュ
ウィッシュ
気になるねぇ

それでは今からマレフィセントがどんなお話なのかディズニー映画マニアの私が誰よりも詳しく紹介します♪

あらすじとネタバレ

ここからはネタバレや結末がわかる内容になります。まだストーリーを全部知りたくない方は飛ばしてください。

マレフィセントは妖精の国ムーアに住む大きな翼と角を持つ妖精の少女です。

そのムーア国のすぐ隣には、人間の王国があります。人間の王国に住むステファンはムーア国に迷い込み光る宝石を見つけました。マレフィセントはその行為を見て石を返すように言います。マレフィセントが人間の国へと送り返してくれたのですが、ステファンの指輪で怪我をしてしまいました。その為、その指輪を投げ捨ててマレフィセントと別れの握手を交わしたのです。

実はステファンは両親を亡くしていて、いつかお城に住みたいという夢を持つ貧しい少年でした。しかし妖精には金属が害だと知ると、すぐさまそれを手放したのです。偶然出会ったマレフィセントとステファンでしたが2人の間に友情が生まれ、やがて男女の愛情へと変わっていったのです。

16歳の誕生日を迎えたマレフィセントは、ステファンとキスを交わし真実の愛を誓います。しかし、成長したステファンは、人間の国での成功や野心に囚われてしまいます。そして王の側近にまで出世したステファンですが、いつしかマレフィセントの居るムーア国へ行くことは無くなってしまいました。

大人になったマレフィセントは誰よりも強く、美しい妖精と成長していました。ステファンが仕えるヘンリー王は、ムーア国を征服しようと戦いをしかけてきますが、マレフィセントが率いる妖精の軍に返り討ちにされます。その為、マレフィセントを殺した者に王女との結婚を許し、自国の後継者とすると発表します。

ステファンは、ムーアの国に行きマレフィセントを探します。ステファンの呼び声に応えて現れたマレフィセントは、久しぶりの再会と友情の復活を喜びます。ステファンから飲み物を勧められマレフィセントは何の疑いもなく飲みましたしかし、その中には薬が入っており、マレフィセントは眠りに落ちてしまいます。ステファンは、マレフィセントを殺そうとしましたが、どうしてもできません。

しかし、王になりたい気持ちを消すことはできず、ステファンはマレフィセントの翼を切り取ってしまいます。そして持ち帰ったマレフィセントの翼を王に見せ、マレフィセントは死んだと告げるステファンに、王は自身の後継者となる事を許します。

ムーアの森に残されたマレフィセントは、薬が切れ、背中の痛みに目を覚まします。恐る恐る確かめた背中は無残に傷ついていました。それから自身を助ける杖を作り、人間に駆除されそうになっていたカラスのディアヴァルを魔法で助けました。

マレフィセントの魔法で人や、様々な動物に変化できるようになったディアヴァルは、人間の王国へ偵察に向かいます。偵察に向かった城では、マレフィセントを裏切ったステファンが王になっており、王妃との間に王女、オーロラが産まれていました。マレフィセントはステファンが裏切った理由を知り激怒します。

そしてオーロラ姫の洗礼式で、三人の妖精がそれぞれ贈り物をしようとした時、洗礼式に姿を現しました。そしてマレフィセントはオーロラ姫に贈り物として、「16歳の誕生日の日没までに、糸車に指を指され死の眠りにつく」という呪いをかけました。その呪いは「真実の愛のキス」解かれるようです。真実の愛、それはマレフィセントとにとってはこの世に存在しないものです。

この悲しい呪いは、どのような力をもってしても解けない強力なものでした。ステファンはオーロラ姫を守るために、ただちに国中の糸車を集めて破壊させます。そして、オーロラ姫を洗礼式に出席していた三人の妖精に預け、身分を隠し、城の外で育てさせることにしました。

しかし、三人の妖精はお世辞にも、子育てに向いているとは言えず、度々オーロラを危険に晒してしまいます。放っておくと自身のかけた呪いではなく、単なる事故でオーロラが死んでしまうと感じたマレフィセントは、ディアヴァルと共に、オーロラの成長を見守り、必要なときは魔法で助けることにしました。

そしていつしか成長したオーロラ姫は、頻繁にマレフィセントと会い、「フェアリーゴットマザー」と呼び慕っていました。ムーア国で妖精と遊ぶ楽しい時間を過ごし、ますますマレフィセントと距離を縮めていきました。オーロラの好意にマレフィセントは彼女を呪ったことを非常に後悔し、呪いを解こうとしますが、強すぎる呪いは自身でも解くことがでず、マレフィセントは苦悩します。

自身の呪いなど知らないオーロラ姫はある日隣国の王子、フィリップと出会います。フィリップは美しいオーロラに一目惚れし、オーロラもこの若者に好印象を抱いた様子でした。いよいよ16歳の誕生日が近づき、マレフィセントと暮らしたいと考えるようになったオーロラ姫は、3人の妖精に気持ちを伝えますが、王からオーロラ姫の保護を依頼されている3人はオーロラの願いを聞き入れません。

そして言い争ううちに、うっかりオーロラの父親が生きていることを話してしまいました。それはどういう事かと問い詰め、ついにオーロラに隠していた出自とかけられた呪いについて説明するしかなくなってしまいます。事実を聞いたオーロラはマレフィセントを問い詰め、マレフィセントこそが自分に呪いをかけた張本人であったことを知り悲しみます。

悲しみの中、死んだと聞かされていた父親に会うために、オーロラ姫は城へと向かいます。国王となった父親のステファンは、マレフィセントの呪いを恐れるあまり心を病んでいました。病である王妃を看ることも、亡くなった時も看取らず、
妖精を倒すことのできる鉄製の武器を量産することに執着する暴君となっていました。

城に辿り着いたオーロラ姫を暖かく迎えるどころか、すぐに部屋に閉じ込めてしまいました。しかし部屋に閉じ込められたオーロラ姫は、何かに誘われるように部屋から抜け出してしまいます。そして、呪いのまま城の奥深くに捨てられていた糸車の針に指を指し、眠りについてしまいました。その頃、マレフィセントとディアヴァルは、何とかオーロラの呪いを解こうと知恵を絞っていました。フィリップ王子がオーロラ姫と出会い、恋をしていることを知ったマレフィセントは王子のキスでオーロラの呪いが解けるのではないか?と思い魔法でフィリップ王子を眠らせ城へと連れて行きます。3人の妖精に導かれ、オーロラ姫にキスをするように言われたフィリップ王子がオーロラ姫にキスをしますが目覚めません。

やはり、呪いは解けないのだと絶望したマレフィセントは、眠り続けるオーロラの傍で、懺悔し、永遠に彼女を守ることを約束して彼女の額にキスを贈ります。次の瞬間マレフィセントの真実の愛によって呪いは解け、オーロラ姫は目を覚ましたのです!

2人は喜び、城を出ようとしますが、ステファンがそれを許しません。兵士達に襲われ、マレフィセントは鉄製の網に囚われてしまいます。ディアヴァルを巨大なドラゴンの姿に変えて応戦するマレフィセントですがどんどん追い詰められていきます。オーロラ姫はガラスケースに入った巨大な黒い翼を発見します。マレフィセントがステファンに奪われた翼です!オーロラ姫がガラスケースを壊し、翼を開放すると翼はマレフィセントの元に戻っていきました。翼を取り戻したマレフィセントは本来の力を取り戻し、圧倒的な力で反撃し、兵士を倒していきます。

ついにステファンを追い詰めますが、マレフィセントはステファンに情けをかけ殺さずに終わりにしようとします。しかし、ステファンはマレフィセントにとどめを刺そうと襲い掛かります。結局ステファンは自滅し、塔から転落死してしまいます。

この後、人間の国は妖精の国ムーアと統一され、オーロラ姫が2つの国を統べる女王となります。マレフィセントとディアヴァル、そしてフィリップ王子に見守られながら即位します。

豆知識を紹介

次は映画を見たいと思ったあなたのためにもっと楽しく映画を見ることが出来るように知ったら面白くなる隠れキャラクターや豆知識を紹介します♪

オーロラ姫の子供の頃を演じているのは、アンジョリーナ・ジョリーの実子なことはご存知ですか?理由はなんとも子供らしいのですが、マレフィセントに扮したアンジョリーナ・ジョリーを他の子供達は怖がって近寄らなかったからなんです。その時のアンジョリーナ・ジョリーのコメントはこちら。

「他の3歳児や4歳児は私に近寄りもしなかったの。私のことが好きで、角や目や爪を怖がらない子どもでなければなかったのよ。だから、ヴィヴでなければならなかったの。」

確かに…ママじゃなかったら怖くて近寄れないかもしれませんね(笑)

マレフィセントの顔で印象的な部分と言えば頬骨ではないでしょうか?こちらの頬は特殊メイクで作り出されているが、参考にしたのは実はレディー・ガガの、顔に三角形の突起をつけたステージメイクだそうです。

マレフィセントと言えばもう1つ忘れちゃいけないのが角ですよね。実は映画のシーンによって、アンジェリーナ・ジョリーは複数の角を使い分けなくてはならなかったんです。ある角にはマグネットが仕込まれていて、また別の角は首に相当な負担がかかるほどの重いものだったそうです。そもそもこのマレフィセントの印象的なビジュアルは、声優のエレノア・オードリーが基になっています。
彼女が着ていた衣装がもとになったそうです。特に印象的なマントの襟の部分はコウモリがモデルとなっています。

ちなみに、声優のエレノアオードリーは、ディズニーランドのホーンデットマンションの水晶の中にいるマダム·レオタや、シンデレラのトレメイン夫人の声優でもあります。

ドリーム
ドリーム
マレフィセントのビジュアルの秘密がわかったね
ウィッシュ
ウィッシュ
子供が怖がるのもわかるね

マレフィセントの基本情報

公開日:2014年7月5日(日本)
収録時間:97分
監督:ロバート・ストロンバーグ
音楽監督:ジェームズ・ニュートン・ハワード

ステキなキャラクターたちを紹介♪

あらすじやネタバレの前に物語がわかりやすくなるようにキャラクターのかわいいキャラクターたちを紹介をします♪

マレフィセント:アンジョリーナ・ジョリー(日本語吹き替えキャスト:深見梨加)

本作の主人公で、眠れる森の美女におけるヴィランです。かつては心優しく思いやりのある妖精でした。大いなる力と翼を持ち、妖精の国をヘンリー王の侵略から護っています。しかし、恋に落ちたステファンの裏切りにより翼を失い冷たい心を持つようになってしまいました。

オーロラ姫:エル・ファニング(日本語吹き替えキャスト:上戸彩)

本作のヒロインで、マレフィセントを裏切ったステファンの娘です。マレフィセントの呪いから逃れるため、森の中で3人の妖精に育てられます。ある日森でマレフィセントに出会い、彼女を「フェアリーゴットマザー」と呼び、自分に呪いをかけた本人だとは知らず彼女を慕います。

ステファン王:シャールト・コプリー(日本語吹き替えキャスト:てらそままさき)

オーロラ姫の父親でかつては平民であり、城で暮らすことを夢見ていました。子供の頃にマレフィセントと出会い恋に落ちました。しかし王位が欲しいステファンは、ヘンリー王の後継者選びにマレフィセントを倒すことという条件が出されます。

フィリップ王子:ブレントン・スウェイツ(日本語吹き替えキャスト:立花慎之介)

https://twitter.com/ElleFanningJP/status/523483111762325505?s=19

森で迷ったオーロラ姫と出会い恋に落ちます。マレフィセントにかけられた呪いを解くために真実の口づけをします。

ディアヴァル:サムライリー(日本語吹き替えキャスト:阪口周平)

マレフィセントに仕えるカラスです。魔法で人間、狼、馬など自在に姿を変えることが出来ます。カラスの姿を至高と考えています。

ノットグラス、シスルウィット、フリットル:イメルダ・スタウントン ジュノー・テンプル レスリー・マンヴィル(日本語吹き替えキャスト:福田彩乃(1人3役)

3人の妖精で、オーロラ姫を16歳の誕生日まで育てる事になりますが、全く子育てに向いていません(笑)
赤→ノットグラス
青→シスルウィット
緑→フリットルです。

ヘンリー王:ケネス・クラナム(日本語吹き替えキャスト:勝部演之)

妖精の国を侵略する人間の国の王です。マレフィセントに返り討ちにあったため、自分の後継者に、マレフィセントを倒すことを条件にします。

ドリーム
ドリーム
やっぱりアニメとちょっと違うね~
ウィッシュ
ウィッシュ
どんどん見たくなってきた(笑)

感想と評価

実は私はリメイク否定派です。なぜなら元ある作品の雰囲気を壊してしまうような気がするからです。しかし…マレフィセントは原作を生かしたとても素晴らしい作品で一気にファンになりました。この作品に出会うまでただただ、ヴィランズのボスというイメージだったマレフィセントですが、この作品でとても愛情深い面が描かれマレフィセント像が一変しました。それを原作の雰囲気を壊すと言われればそれまでですが、ヴィランとして見てたマレフィセントが見方によってこんなに変わるのは、素直に非常に素晴らしいと思います。

待望の第2弾!

2019年10月18日、日米同時公開で待望の「マレフィセント2」が公開されます。前作でマレフィセントから、永遠の眠りの呪いをかけられてしまったオーロラ姫ですが、無事にオーロラ姫は助かったばかりか、マレフィセントは本当の愛に目覚め、そして2人は堅い信頼関係で結ばれていました。しかしそんな2人の前に共通の敵が現れます。マレフィセントとオーロラ姫の関係を破綻させようというのがその魂胆でした。そしてオーロラ姫が結婚する日に妖精界を滅ぼそうとする恐ろしい罠が…またしても呪いがオーロラ姫を襲います!

果たしてオーロラ姫の婚礼の日にかけられた新たな呪いとはなんなのでしょうか?またオーロラ姫の婚約に隠された罠とはなんなのでしょうか?もしやこの婚礼そのものが誰かに仕組まれたものなのでしょうか?2人の運命は再び「究極の愛」を求めて動き出します!

「イングリス王妃」
また、新キャラクターが登場します!それはフィリップ王子の母親で、アルステッドの国王ジョンの妃です。彼女は幼い頃にムーア国との国境近くで恐怖に震えた経験から妖精を憎み、マレフィセントを心から毛嫌いしているようです。オーロラ姫と息子の結婚を歓迎するが、妖精を憎んでいる彼女が結婚を心から喜んでいるとは思えません。ひょっとしたらこの婚約すらイングリス王妃が仕組み、マレフィセントに復讐しようとしているのかもしれません。

ドリーム
ドリーム
マレフィセントとオーロラ姫どうなっちゃうんだろう?
ウィッシュ
ウィッシュ
観に行きたいー!

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?
私が選ぶディズニー作品一押しの「マレフィセント」を紹介させていただきました。

映画マレフィセントは、映画の設定が現実世界ではないファンタジーですが、実は私たちの人間の世界の現実で起こる不条理や愛情、妬みや恨み、嫉妬などの誰しもが持つ感情を見事に描いていたと思います。それにしてもアンジョリーナ・ジョリーははまり役ですね。
是非皆さんも映画マレフィセントをご覧くださいね。